トラウマな夏 (下)

前回の続き。。。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ひいおばあちゃんの
「うちに帰って、お母さんに毒を吸い出してもら・・・」
最後の言葉が終わらないうちに、女の子は、妹の手をとって
モーレツなスピードで駆け出しました。
ただただ、「死ぬな、死ぬなしぬなしぬなしぬなしぬなしぬなしぬなし!!!!」
刺されてもいない、自分の肩が痛みます。
家に着いて、ぐったりした妹の肩から、おかあちゃんは何度も何度も
毒を吸っては吐き、吸っては吐き、しました。
涙でかすんだ目で、こわごわと見ていた女の子はハタと思いました。
というか、気づいたのです。
「そうか、毒を吐き出せば死ななかったのか。。!?」
なんだか、ひどい疲労感と安堵感におそわれたのでございます。
静かな中の間に寝かされた妹の横には、お母ちゃんが添い寝しておりました。
「このまま、妹は死んでしまうのだろうか。。」
お母ちゃんのそばに守られた妹が、かわいそうな、うらやましいような、、
孤独と不安につつまれながら
女の子は、柱の陰からじっと妹を見つめ続けました。。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
うーん、このせつないような、昭和な思い出を単に切り取ったような、
つげ義春的な漫画にしたら、けっこう深イイ感じになるかも。。
(ならないか、)という、この話は、私の姉と私のリアル昔ばなしです。
ということは、妹(私)は生きている、、ので安心を!
先日、里帰りで久々に姉と会い、
子供の頃のはなしを、自分たちの子供たちに聞かせてた時に、
姉が、思い出しながら話してくれたものが、この話なんだ。
姉は、この「妹の毒を吸い出せなかった自分」問題について、けっこう
しばらくトラウマになっていたという。。!
今なら、笑い話で済ませられるが、当時の小さな女の子の心には
大きな大きな“事件”だったんだろうな〜
かわいそ〜に。。
この話を聞きながら、私は“小さな妹「まこ」”に戻っていた。
当時、私は、姉を信頼しきっていて、とにかく毎日後をくっついて
あるいていた。
岡山のピクミンといわれるほど、それはそれは、すばらしいくっつきぶりだったと自分でも自負している。
今、小さな妹「まこピクミン」は、おばさんになった。
そして姉は、昨年初めから、生死を分ける大きな病気を宣告された。
長い闘病生活で、髪の毛も全部抜け、地獄のような治療の日々を一人で耐えた。
今年の夏、笑ってこんな話ができるなんて夢のようだと思う。
今にして、子供の頃の、ひたむきな姉の気持ちと、回復した喜びが重なって
なんだか熱いものが胸の奥から込み上げてくるのであった。
話がオモシロイから笑いすぎて、涙でちゃった。。みたいなセイにしてたけど。。
そんなこんなで、なんだかこのスズメバチの話は、私にとって
2重に忘れられない夏の思い出になったのでした。

トラウマな夏 (上)

ある夏の出来事でございます。
2人の姉妹がおりました。女の子は、7歳、妹は4才くらいでしょうか。
(トトロのさつきちゃんと、めいちゃんくらいのイメージを推奨)
この姉妹とひいおばあちゃんでお墓参りに出かけたのでございます。
まさか、この時点では、これから悲惨な惨劇がそこで起ころうとは
誰も予想だにしなかったのです。
お墓は、小高い山の頂上にありました。
お墓につくと、女の子はいくつか並ぶお墓を横切り
一番端のお墓にお線香をあげようとしていました。
妹は、はやくお姉ちゃんに追いつかねばならんと思い走り出します。
「おねーちゃーん!!」
その時、
地の底を這うような鈍い羽音とともに、
無数のスズメバチが巣から飛び出して来ました。
驚いたひいおばあちゃんは
「ハチがおるけえ、戻りい〜」必死に叫びます。
妹は、聞く訳もなく走り続けます。
女の子も
「こっちに来たらいけん〜!刺されるよ〜」
無数の羽音の中、悲痛な叫びがこだましました。
「うぎゃ〜!」
心配していた通り、見事に妹は背中を刺されたのでございます。
女の子は
予見した通りのいつもの妹の行動パターンにゲッソリしながらも
今回は、マジでやばいことになった。。と
心臓が羽金のように打っておりました。
ひいおばあちゃんは
「わたしゃあ、歯が悪りいけえ、お前が毒を吸い出してやってくれえ。。」
女の子は心の中で
毒を吸って自分が死ぬか、毒を吸わないで妹が死ぬか
を考えました。
わずか、7歳にしてこの究極の選択を瞬時に熟考しなければならない窮地に追いやられたのですっ。
つづく。。。