非マメアマゾネス筋肉無しバージョン

「1ヶ月に一回程度の更新じゃ、誰も読まないよぅ〜」
と、心ある友人に言われた。ブログのこと。
その通りだねー。
当初、このブログは“イラストレーターとしての”っていう、方向性を
柱にしていこうと思っていたのだが、
なんせ、イラストレーターとしての意識がかなり低いため、
途中から(というか、即)普通の一般ピーポーとしての内容に
変化していった。
そのうえ、私は非マメで、かなり横着者だ。
その日の仕事のノルマを終えると、「わぁ〜〜!!」
といいながら、子供たちの海に身を投じる始末だ。
ご飯も、「めんどくせー」とつぶやきながら、いやいや作っている。
時には子供を総動員して「さあ、クッキングショーだよぅ〜」
といってだまし、えびの皮むきとかやらせている。。
「お手伝いして自分で作った料理は美味しいよね〜」とか言ってる。
ま、それはいいとして(よくね〜!)
私の子供の頃の愛称は「まめちゃん」だったのになあ。。。
今では、「非マメちゃん」だ、
いや、「非マメアマゾネス」、いや、「非マメアマゾネス筋肉無しバージョン」だ!
更新がんばります〜

今年も彦磨呂スパイラルや〜

やばい。。。
また、食の秋が私の体をむしばんでいる。
食べている時は、頭が何かに乗っ取られていて
まったく規制が効かなくなってる状態なのだ。。
ハタから見ると、きっと白目になっているに違いない。
お恥ずかしい話だが、お腹がはち切れそうで椅子に座っていられなくなっても
腰を前にずらしてお腹に負担がかからないようにして
まだ食べてる!!(コワイし品がない、、、)
「ギャル曽根ちゃんみたいだね〜」
と、子供がほめて(?)くれる。。。ありがとう。。うれしくないわっ!
それにしても、なんだね。
海外の映画やドラマの食事シーンはなんで、ああ美味そうに食べるのかね〜〜。
お腹がすきた〜〜い人は
「バベットの晩餐」っていう映画オススメです。